閉じる

MONTURA 隈研吾チャリティ企画

OFFICIAL BLOG

『MONTURA21FW ITEM INFO VOL.1 』

全国のモンチュラファンの皆さまこんにちは!

 

9月に入り暑さも和らぎ、一気に秋らしくなってきましたね。

9月は秋冬物のスタートする時期です。

今年もMONTURAは新作をたくさんご用意しておりますので、このブログでもなるべく多くの商品をご紹介できればと思います!

 

さて秋冬一回目の今回はこれからの時期に使いやすいTシャツ、ベースレイヤーと薄手のフリースをご紹介します。

すべて新作です!!

 

 

半袖ながら保温性も重視し季節によってベースとアンダーどちらでも使える1枚

☆UNISEX「BASIC WARM T-SHIRT」MTGM80X  150g(M) ¥9,900(税込)

21WM_MTGM80X_72_fronte 21WM_MTGM80X_41_fronte21WM_MTGM80X_84_fronte

☆WOMAN「BASIC WARM T-SHIRT WOMAN」MTGM80W  150g(S) ¥9,900(税込)

21WM_MTGX01W_04_fronte 21WM_MTGM80W_43_fronte

パッと見は半袖Tシャツですが、しっかり秋冬仕様になっています。

トレッキングはもちろん、冬のアクティビティ全般で使いやすいウェアです。

 

特にオススメしたいのは長袖のアンダーとの組み合わせ。

SEAMLESS MEDIUM MAGLIA 厚手の秋冬用アンダー(発熱機能はありません)

000000000907-01-l

季節の変わり目はウールや化繊のアンダーと組み合わせることで、暑すぎず寒すぎずちょうどいい温度にコントロールできると思います。

今の時期のアウトドアシーンは寒暖の差が激しいので、ウールなど調温素材との相性は非常にいいですね。

 

 

DSC03721DSC03722

生地はフリースでおなじみPOLARTEC®のPOWERGRIDを使用。

細かな凹凸で保温と汗抜けを両立しています。

このTシャツはフリースの生地でできているので保温性がありながら半袖。

なかなか珍しいアイテムです。

 

DSC03712

肩回りはラグランスリーブで動きやすさとフィット感を出しています。

もちろん生地自体にもストレッチが入っているので、肩回りも楽ですよ。

 

DSC03718

脇部分もパネル構造で腕を動かす際のツッパリ感も少なくなっています。

 

 

☆UNISEX「STRETCH COLOR ANORAK」MMZP10X 310g(M) ¥22,000(税込)

21WM_MMZP10X_8647_3_4 21WM_MMZP10X_8390_3_4 21WM_MMZP10X_9093_3_4

☆WOMAN「STRETCH COLOR ANORAK WOMAN」MMZP10W 260g(M) ¥22,000(税込)

21WM_MMZP05W_0486_3_4 21WM_MMZP05W_5129_3_4

さて2つめはこちら。

商品名から見てもわかるようにアノラックです。

つまりは「かぶり物」のフリース。

ですが、あえてこちらをベースレイヤーとして提案します。

 

「登山では脱ぎ着をして温度を調節する」

 

湿度が低くドライなため乾きが早く、透湿も起きやすいヨーロッパや北米では羽織ものは着っぱなしが多いです。

この言葉は高温多湿で多雨な日本の山ではよく言われることですが、実際に脱ぎ着を何度もするのは非常に手間です。

①ザックを下ろす

②服を脱ぐ

③ザックに収納

④ザックを背負う

 

これに対して、ジッパーをあける、袖をまくるなどはとても簡単。

ほぼワンタッチです。

なるべく体温調節は簡単にしたいもの。

 

人それぞれ温度の感じ方が違うのと同時に、暑さ寒さの許容範囲も違います。

「まぁまぁ暑いけど、脱ぐほどではない。」

「止まってると寒いけど、動けば寒くない。」

もしこのようなことを思う機会が多い方。

日本も秋冬であれば春夏に比べて「着っぱなし」にしやすい環境になりますので、アノラックはおすすめです。

 

DSC03689

生地はこちらもPOLARTEC®POWERGRIDを使用。

見た目は先ほどのTシャツと同じですが、グリッドの大きさが違います。

 

DSC037261

上がアノラック、下がTシャツです。

上の画像からわかるようにグリッドの大きさや間隔が違いますね。

生地もアノラックのほうが少し厚みがあります。

つまり、「アノラックのグリッド生地のほうが暖かい」ということです。

 

DSC03679

フロントのジッパーも大きく開くので、体温の調節も容易です。

 

なぜ「アノラックをベースレイヤーとして提案する」のか。(山行スタイルによって変わってくるので、一概には言えませんが…)

それは通年用の薄手のアンダーと組み合わせることでフリースを省く、というところにあります。

秋冬はどうしても保温系のアンダーとベースを組み合わせがちですが、それぞれ役割を分ける(アンダーは汗処理、ベースは通気と保温)ことで「パッキングやレイヤリングに幅を持たせる」ことができるのでは?という提案です。

 

 

DSC03680

もちろん脇部分は薄手素材に切り替えています。

 

今までであれば

アンダー+ベース+ミドル+アウターの4枚構成を

アンダー+ベース(ミドル)+アウターの3枚に変えられます。

フリースを持たない分、ソフトシェルやインシュレーションに重量を配分でき、それぞれの役割も明確にできます。

もちろん活動量が増えれば暑くはなりますので、お客様にとってどれくらいの保温性が必要なのかを吟味する必要がありますので、普段のレイヤリングを思い出してみてください。

 

DSC03696

肩部分の縫い目はシーリング加工を使用することで、アタリも軽減し着心地と動きやすさを向上。

 

アノラック、どうでしょう?

使ってみたくなりませんか?

 

☆WOMAN「MICRO BASIC MAGLIA」MMAM40W 210g(S) ¥16,000(税込)*レディースのみ

21WM_MMAM40W_00_3_4 21WM_MMAM40W_29_3_4 21WM_MMAM40W_04_3_4 21WM_MMAM40W_81_3_4

さて3つ目。

こちらは薄手軽量のマイクロフリースです。

とっても軽いので、通年使用できる便利な一枚ですね。

DSC03667

いわゆる”フリース”の生地であるPOLARTEC®MICROを使用。

適度な微起毛で肌触りも柔らかく、ずっと触っていたくなる生地です。

 

DSC03656

見た目は普通のフリースに見えますが、細部はしっかりMONTURAらしさがある一着です。

肩回りなどはパネル構成になっているので、立体的にフィットしてくれます。

シルエットがとてもきれいに出てくれますね。

襟もこれくらいの高さがあると安心です。

 

DSC03657

もちろん脇は薄手に切り替え、不快な蒸れを軽減してくれます。

MONTURAでは当然でも、他ではなかなかありません。

 

DSC03648

ポケットは内部も起毛で肌触りも良好。もちろんジッパー付き。

何かと手を突っ込みたくなるフリースのポケットです。

カラーも単色に近く優しい色味で合わせやすいですね。

色違いでシーズンを分けて使うのもいいかもしれません。

オススメの一つです。

 

さて新作3連発はいかがでしたでしょうか?

今後も続々秋冬物が入荷してまいりますので、ご紹介できればと思います。

 

今回ご紹介した商品はこちら

 

☆UNISEX「BASIC WARM T-SHIRT」MTGM80X  150g(M) ¥9,900(税込)

☆WOMAN「BASIC WARM T-SHIRT WOMAN」MTGM80W  150g(S) ¥9,900(税込)

☆UNISEX「STRETCH COLOR ANORAK」MMZP10X 310g(M) ¥22,000(税込)

☆WOMAN「STRETCH COLOR ANORAK WOMAN」MMZP10W 260g(M) ¥22,000(税込)

☆WOMAN「MICRO BASIC MAGLIA」MMAM40W 210g(S) ¥16,000(税込)

 

 

※店舗により取り扱い、カラーやサイズ展開が異なる場合がございます。

詳細はお近くの店舗に直接お問い合わせください。

スタッフ 丸山


ツイート