閉じる

直営店イベントのお知らせ

OFFICIAL BLOG

ミッチーブログ 梅雨時の森林浴

今年は5月早々に梅雨入りをしてしまいましたね!
SNSなどで、あちこちのニリンソウのキレイな写真が
アップされるようになって来ました。

私も梅雨時の安らぎを求め、花探訪に
出掛けることにしました。
行き先は?
(ニリンソウなら、あそこでしょ!)ということで、
(また〜!?)の上高地。(笑)

上高地へのアプローチは、長野県の松本方面か岐阜県の高山方面から、
バスを利用するか、タクシーでの入山です。
自家用車の乗り入れは不可なんです。

01

30分ほどバスに揺られ到着した上高地。
まだ来訪者は少なく、静寂に包まれています。
昨晩までの豪雨で下流ではひどく濁っていた梓川ですが、
上高地では、すでにいつもの澄んだ
きれいな流れに戻っていました。

02

というわけで、「また~!?」の上高地!
今日もスタートはここからです。

03

あいにくと、時折小雨のぱらつく空模様ですが、
半面、日焼けをあまり気にせずに済みます。
しっとりとした空気を肌に感じながら、
徳澤までのプチトリップ。

04

梓川沿いに槍ヶ岳まで続くトレッキングロード。
インスタ映えしそうなニリンソウの群生が続いていました!

よくよく見ると、花が三個付いたものが多々あります。
「イチリンソウもあるんだから、サンリンソウがあっても
いいんじゃない?」という、同行者の根拠のない説得話に
(ならばっ!)とヨンリンソウを探し始めました。(大笑)

05

写真を撮ったり、花をめでたりしながら明神へは小一時間。
休憩をしようとザックからおやつを取り出し、
テーブルの上に置き、ほんのちょっと目を離したその時!
事件は、起きました・・・

おやつ強奪事件です!!

突然、周りの「ア゛ーッ!!」という叫び声に
びっくりして振り返りました。
視界の片隅に黒い影がよぎったかと思ったら、
楽しみにしていたおやつを口に咥え、
空高く飛び去る犯人の後ろ姿が・・・!!

ただ見送ることしかできませんでした(泣)

06

狙いすましたスライディングキャッチ!!
飛び去るまでの早業には、驚くばかり!
(せっかく、この日のために食べるのを我慢していた
こだわりのドーナッツだったのに・・・)
(袋入りのまま持ってったけど、ちゃんと食えるんか~い!?)

07

犯人はこの子。
「こいつですっ!」(怒)
どうも常習犯のようです。

皆さんも明神で休憩の折には
取り出した食べ物を手から離さぬよう、お気をつけあそばせ。

08

さて次は徳沢です。
先月も上高地にクマが出没しているようです。
昨年の秋にも小梨平のキャンプ場でテントが襲われ、
怪我人も出ています。
人が動きやすいよう整備された上高地ではありますが、
それはほんの一部。
あくまでも大自然に身を委ねているという、緊張感は
必要ですね。

09

明神から僅か、徳本峠を越え島々へと続く分岐点があります。
島々まで約20キロの道のりです。
昔人は皆このルートで上高地入りをしていました。
ウォルター・ウェストンも芥川龍之介も、歩いた道です。
いつかは、歩いてみたいです。

10

本格的な夏を前に、梅雨時の色々な花が、
目を楽しませてくれます。

11

上高地花図鑑が出来ちゃいました~。

1213

しかし、今回の花探訪で私が密かに探している花が
なかなか見つかりません。

それでも、やっと見つけました!
「あった!あったよ~♪」

14

「見つけることが出来れば幸せになれる。」と言われている??、
ニリンソウの緑花。
先祖返りで緑花になる個体がいるらしい・・・

15

休憩では、マスクを外し大自然のエネルギーを、
目一杯浴びます。
歩いて体は暑いですが、冷たい空気が肺を満たします。

16

徳沢キャンプ場に着きました。
緑の上でのキャンプ、気持ちいいでしょうね!

ここはかつて牛達の夏の避暑地。
皆、徳本峠を越えて来たのでしょうか?

17

上高地のニリンソウと言えば、「ここ👇」と
言われるほど有名なニリンソウの絨毯。
とても綺麗で癒されますね。

18

(ふ~。疲れた~)ちょっと一休み。

19

写真を取りながらノンビリと2時間半。
「徳沢園、到着~」

20

今回のプチトリップ、表テーマには[梅雨時の森林浴]と
ありますが、実は裏テーマがありまして、
それは(これ!)

21

[徳沢園のソフトを食べる]というものでした。

無事に達成。
とっても美味し。大満足!

22

「さあ、目的も果たしたし、帰りますか~」
青空がのぞき始めました。眩しいです。

23

この方達も、相変わらず元気にパフォーマンスを
見せてくれました。

24

明神まで戻れば、小梨の枝の向こうに明神岳も
姿を見せています。
ここから見える五峰から主峰まで全てを合わせて
明神岳と呼ぶそうです。

25
RUN FLASH JACKET WOMAN
COLOR:00
今更説明する必要もない人気アイテム。
モデルチェンジの早いアパレルの世界ですが、
長期間、継続アイテムであるいうことは、
それだけニーズがある証拠。

もとはRUN用のウォームアップジャケットですが、
山家さんには、絶大な人気を誇っています。
軽量で全方向ストレッチ生地、もちろん超撥水処理も
してあり、ちょっとした防寒着にはうってつけです。

今回も、色違いで何人かの方とすれ違いました。
皆さん、カッコよかったです!

DOLOMIA PANTS WOMAN
COLOR:2300
今期はアイテム落ちしてしまったパンツですが、夏山用
パンツとして超お気に入りです。
これも全方向ストレッチ、超撥水加工生地で鮮やかな
色具合がオシャレですね。
伸びがいいのでクライミングにも使えます。

まだ在庫を持つお店もあるかもしれません。
もし手にする機会があれば、ぜひお試しを。

河童橋まで戻りました。
いつもの景色が見え始めています。
暫し、言葉を忘れ眺めてしまいました。
シーズンの始まりを感じます。

26

コロナ渦、ワクチン接種も始まっています。
皆さんと山で出会ったときに、笑顔で挨拶できる日が
早く訪れることを望まずにはいられません。

「頑張ろう~!!」

アクティビティ・プレーヤー 市川倫子


ツイート