閉じる

採用

OFFICIAL BLOG

『MONTURAアイテム情報 20SS新作~AIR ACTIVE HOODY JACKET〜』

全国のモンチュラファンの皆様こんにちは!

 

コロナウィルス感染拡大防止の観点から、MONTURA TOKYOも休業となっております。

皆様にはご不便をおかけしており申し訳ございません。

一日も早い収束をスタッフ一同願っております。

 

外出自粛にあたり、店頭でのショッピングは出来ませんが、オンラインショップは元気に営業しております!

是非ご利用ください^^

オンラインショップでは見えにくいところまでブログではご紹介していきますので、是非参考にしていただければと思います。

 

 

さて、今回はソフトシェルをご紹介しますよ!

 

もともとはヨーロッパやアメリカで湿度の低い環境で、レインウェアを着るほどではないときの行動着として誕生しました。

ある程度の耐水性を持ちつつも、透湿性を備えているので、脱ぎ着を減らして着っぱなしでいいというウェアーです。

選び方や他のウェアとの組み合わせによって、とても使いやすくなりますよ!

 

まずは大まかにソフトシェルの特徴をまとめます。

 

①特徴

☆メリット

・防風、撥水

・透湿、通気

・生地が柔らかくストレッチ

☆デメリット

・完全防水ではないのでレインウェアを持っていく必要がある

・長期縦走等での天候対応や荷物を減らしたい山行には不向き

 

②ソフトシェルの種類

防風メンブレン入り(表地&メンブレン&裏地の3層構造):多少の雨風にも強くテクニカルなシーンに最適

オススメ→高山や残雪BC(バックカントリー)での比較的低温での行動着、アイスクライミングやアルパイン等

1枚地(メンブレンなし):通気がよく生地もより柔らかく高いストレッチ性がある

オススメ→トレッキング全般やクライミング、トレイルランなど動きが多く汗抜けを重視する際

 

 

☆M’s「AIR ACTIVE HOODY JACKET」 MJAT36X 276g(M) ¥40,000+tax

☆W’s「AIR ACTIVE HOODY JACKET WOMAN」 MJAT36W 230g(S) ¥40,000+tax

 

DSC09717DSC09719

モンチュラらしいカラーパターンですよね!

そして何よりかっこいいです笑

見た目もさることながら、もちろん機能も満載ですよ!

フード&肩(上写真緑色部分)は防水のGORE-TEX ACTIVEを使用し、

袖&前身頃は防風耐水のGORE-TEX INFINIUMを使うという超贅沢な仕様!!

DSC09806DSC09807

背面や脇など蒸れやすい部分には、ストレッチと通気の良い2種類の1枚地を必要な箇所に使い分けています(上写真黒部分)

フードと肩周辺はシーリング加工がされているので、縫い目からの雨の侵入もありません。

DSC09809-2

つまり

上からの雨に強く、前からの風にも強く、背面や脇の蒸れに強い!

まさにソフトシェルとしては完成形なのではないでしょうか?

IMG_5047IMG_5046

フードは顔に沿うようにギャザーとコンパクトで必要十分なツバを。

袖口には風の侵入を防ぐゲイターがついています。親指を出せるサムホール付きでフィット感も抜群です!

ポケットは止水ファスナーで左右と左胸部分の3カ所です。

 

 

ここで、ソフトシェルについての注意点をご説明します。

 

ある程度の雨には十分耐えられますが、完全防水ではなく、レインウェアの代わりにはなりません

ソフトシェルは保温性はないので、フリースの代わりにはなりません。

軽量のウィンドブレーカーよりは少し重いです。

 

使い勝手が良く万能な反面、他のウェアとの組み合わせが難しい面もあるのです。

相反する天候でどちらにも対応できるように作っているので仕方ないところもありますが…

しかし、少しウェアの組み合わせを変えてあげるだけで、とても使い勝手の良いウェアに様変わりするんです!

 

その組み合わせは

軽量レインウェアウールTです!!!

ご説明します。

 

Air Active Hoody Jacket(以下ソフトシェル)を持っていっても結局はレインウェア(モンチュラのレインは軽量なものが多いですが、一般的な3層タイプで400g前後)も持っていきます。

・レイン400g+ソフトシェル276g=約700g

1枚余分な重量が増えますが、軽量レインウェア(概ね300g以下)に変えてあげることで増量分は微量に留められます。

・軽量レイン(例 PAC MIND JACKET)270g+ソフトシェル276g=約550g

レインが軽ければより顕著です。

・軽量レイン(例 BLOW JACKET)162g+ソフトシェル276g=約440g!!

このように軽量なウェアと組み合わせることで、プラス1枚でも重量は極端に増えることなく、レイヤリングすることができます。

そもそもこのAir Active Hoody Jacketは軽量なので、お手持ちのラインナップに入れても重量増は少なくて済みますね!

 

また透湿性や通気性を確保するためには、汗をしっかり気化させてあげる必要があります。

そのためにアンダー(肌着)は化繊タイプのままベースレイヤー(肌着の上)をウールに変えることで、ドライ感を持続しつつソフトシェルの透湿性を維持できます。

またウールの調温機能のおかげで、フリースも薄手のものにできるので、トータルでの重量をほぼ変えることなくパッキングできるんです!

 

テクニカルなシーンはもちろん、年間を通して様々なシーンで活躍してくれること間違いなしです!!

メンズは代表的なモンチュラカラーで2色です!

M’s size:S~L

col.8340

DSC09717DSC09719

col.8610

DSC09713DSC09715

 

レディースも2色でのご用意です。

W’s size:S~L

col.0483

DSC09731DSC09733

col.9051

DSC09737DSC09736

 

今回ご紹介の商品オンラインショップはこちらからどうぞ

MJAT36X「AIR ACTIVE HOODY JACKET

MJAT36W「AIR ACTIVE HOODY JACKET WOMAN

 

スタッフ:丸山


ツイート